三井住友カード株式会社とGMOペイメントゲートウェイ株式会社、
GMOペイメントサービス株式会社による“後払い決済”
「Buy Now Pay Laterサービス」の提供に関するお知らせ

報道関係各位
2022年6月7日
三井住友カード株式会社
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
GMOペイメントサービス株式会社

※本状は、三井住友カード株式会社とGMOペイメントゲートウェイ株式会社、GMOペイメントサービス株式会社の共同プレスリリースです。各社より重複して配信される場合がございますが、あらかじめご了承ください。

三井住友カード株式会社(代表取締役社長:大西 幸彦、以下、「三井住友カード」)とGMOペイメントゲートウェイ株式会社(代表取締役社長:相浦 一成、以下、「GMO-PG」)、GMOペイメントサービス株式会社(代表取締役社長:向井 克成、以下、「GMO-PS」)は、2022年5月23日(月)付で、Buy Now Pay Later(以下、「BNPL」)における業務提携(以下「本提携」)に関する基本合意書を締結しましたので、お知らせします。

【本提携の目的】

BNPLとは、「今買って、あとで支払う」を意味し、海外市場での利用拡大に伴い、クレジットカード機能を補完する決済方法として注目されている決済手段です。日本国内では「後払い決済」などと呼ばれ、クレジットカードの番号入力がなく簡単に決済手続きが完了し、且つ、商品到着確認後に支払いを行うことができることから、その利便性が支持され、ECサイトを中心に特に若年層での利用が拡大傾向にあります。

三井住友カードとGMO-PGの2社では、これまで、決済プラットフォーム「stera」のリリースなど、国内のキャッシュレス市場における事業者・利用者の課題を解決するための様々な取り組みを行ってきました。 この度、国内市場でも拡大するBNPL分野においても新たな共同ブランドを立ち上げ、今までにないサービスを提供し、国内No.1のBNPLのサービスを目指すことで、三井住友カードとGMO-PG及び連結会社のGMO-PSの3社で合意致しました。

三井住友カードは、新たにBNPLのマーケットへ参入し、クレジットカードの枠を超え、あらゆる決済手段を事業者の皆様へワンストップで提供することで、総合決済事業者としての圧倒的なポジションの確立を目指します。GMO-PG及びGMO-PSは、「GMO後払い」(GMO-PS:2013年~)「こんど払い byGMO」(GMO-PG:2020年~)として後払い決済サービスを提供しております。これまでの実績・ノウハウをいかし、更なるBNPLサービス展開として三井住友カードとともに新たなサービス(以下、「新サービス」)をリリースします。

【本提携の内容】

三井住友カードとGMO-PG及びGMO-PSの共同による新サービスは、2023年春頃までの事業開始を予定しています。

新サービスは、GMO-PGがグループでこれまでに培ってきた後払い決済サービスのノウハウとシステム基盤をベースに、三井住友カードが培った50年を超えるクレジットカード事業の与信・分割払いのノウハウを加えることで、これまでにない新しいBNPLのサービスを事業者・利用者の双方に提供します。

現在の日本国内の後払い決済サービスは、主にECサイトでの購買を対象とし、購入の都度、購入商品の内容をもとに審査を行い、決済を完了させます。利用者の支払いは、商品到着後のコンビニ払いなどによる1回払いの支払い方法が主流ですが、今回、3社で立ち上げる新サービスでは、従来型の後払い決済サービスに対応することは勿論ながら、長期の分割払いへの対応を予定しています。また、三井住友カードとGMO-PGが提供する決済プラットフォーム「stera」※1の基盤を活用し、「stera terminal」を設置いただく加盟店を中心に、店頭での対面取引でも決済が可能となるサービスの提供を予定しています。

その他、三井住友カードでは、BNPLを利用されるユーザー向けに、自社の会員向けアプリ「Vpass」と連携した新たなサービスの提供をしてまいります。また、個品割賦事業と新サービスをデジタルで融合させたサービスの提供なども検討してまいります。

今後3社間で集中的に協議を進め、具体的なサービスの内容(名称含む)や商品性が決まり次第速やかに報告いたします。

※1決済プラットフォーム「stera」は、キャッシュレス導入に際した課題を解決するため、三井住友カードが、GMO-PG・GMOフィナンシャルゲートおよびVisaと共同で構築した事業者向け決済プラットフォームです。

三井住友カードとGMO-PG及びGMO-PSは、今後もお客さまに、より安全で利便性の高い決済手段を提供し、更なるキャッシュレス化の推進に努めてまいります。

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社について】

ネットショップなどのオンライン事業者、NHK、国税庁や東京都等の公的機関など10万店舗以上の加盟店に、総合的な決済関連サービス及び金融関連サービスを提供しています。決済サービスを中心に、加盟店の成長に資する付加価値サービス、金融技術を活用した決済手段や資金ニーズに対応するサービスを提供し、年間決済処理金額は9兆円を超えています。(2022年3月末現在、連結数値)
決済業界のリーディングカンパニーとして、キャッシュレスやDXを進める事業会社や金融機関に対して、各種決済・金融関連のソリューションやプラットフォームの提供、決済インフラの構築などを行っています。また、海外での決済関連サービス展開や海外の先端FinTech企業への戦略的投融資などグローバル展開も進めています。今後も新たなイノベーションを牽引し、持続可能な社会の実現と社会の進歩発展に貢献してまいります。

【GMOペイメントサービス株式会社について】

GMO-PSは、総合的な決済関連サービス及び金融関連サービスを展開するGMOペイメントゲートウェイの連結会社として、BtoC EC取引向け後払い決済サービス「GMO後払い」とBtoB取引向け後払い決済サービス「GMO掛け払い」を提供しています。リアルタイム与信の提供、業界最低水準の料金、事業者の運用に応じてカスタマイズが可能なシステムなどにより、多くの事業者にご利用いただいています。
今後もインターネット・決済サービスを通じて社会と人々に貢献する企業を目指し、EC事業者・購入者の皆様がさらに安全・便利にご利用いただけるサービスの開発・提供に努めてまいります。
以上

【報道関係お問い合わせ先】
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
企業価値創造戦略 統括本部 広報・UX部
TEL
03-3464-0182
お問い合わせフォーム
 https://contact.gmo-pg.com/m?f=767
GMOインターネット株式会社
グループコミュニケーション部 広報担当 寺山
TEL
03-5456-2695
E-mail
pr@gmo.jp
【本件に関するお問い合わせ先】
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
イノベーション・パートナーズ本部
TEL
03-3464-2323
E-mail
info@gmo-pg.com
GMOペイメントサービス株式会社
TEL
03-3464-2392
E-mail
g-marketing@gmo-ps.com

【三井住友カード株式会社】(URL:https://www.smbc-card.com/index.jsp

会社名 三井住友カード株式会社
所在地 東京都江東区豊洲2-31 SMBC豊洲ビル
代表者 代表取締役社長 大西 幸彦
事業内容 ■クレジットカード業務
■デビットカード・プリペイドカード・その他決済業務
■ローン業務
■保証業務
■ギフトカード業務
■その他付随業務
資本金 340億3千円

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社】(URL: https://www.gmo-pg.com

会社名 GMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証第一部 証券コード:3769)
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目2番3号 渋谷フクラス
代表者 代表取締役社長 相浦 一成
事業内容 ■総合的な決済関連サービス及び金融関連サービス
資本金 133億23百万円

【GMOペイメントサービス株式会社】(URL:https://www.gmo-ps.com/

会社名 GMOペイメントサービス株式会社
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目14番6号 ヒューマックス渋谷ビル
代表者 代表取締役社長 向井 克成
事業内容 ■決済処理サービス及びEC周辺サービスの提供
資本金 1億50百万円

【GMOインターネット株式会社】(URL: https://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネット株式会社(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■暗号資産事業
資本金 50億円

Copyright (C) 2022 GMO Payment Gateway, Inc. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2022 GMO Payment Service, Inc. All Rights Reserved.

Copyright (C) GMO Payment Service Inc. All Rights Reserve